“あたらしい旅割”おおいた

キャンプ飯や巣ごもりに!中津「くらや」の生餃子をどうぞ

2022年6月15日

「くらや」は、大分県中津市を中心に店をかまえる外食チェーン店です。和食レストラン「麺処くらや」、ハンバーグとカツの店「ビッグシェフ」、宅食や仕出し弁当など、さまざまなスタイルの飲食店を展開しています。

「くらやダイニング」は、くらやのテイクアウト専門店です。中津市永添の住宅街のなかにあります。

くらやダイニングは、おそうざいの量り売りや、お弁当を販売しています。おいしくてリーズナブルな人気のお店です。

くらやダイニングでイチオシなのが「蔵屋生餃子」です。生餃子は、加熱調理前のぎょうざのことです。くらやでは、調理済みのぎょうざは販売されていません。くらやのぎょうざが食べられるのは、テイクアウトの生餃子だけです。この生餃子がおいしいと、地元では大人気なんです!

くらやダイニングの蔵屋生餃子は、15個で500円冷凍販売だから、キャンプやアウトドアに持って行くのにも便利ですよ〜👋

蔵屋生餃子は、焼き餃子にして食べます。餃子を買うと、じょうずな焼き方が書いてあるリーフレットがついてきます。焼き方のいちばんのコツは、ぎょうざ同士がくっつかないようにフライパンに並べること。蔵屋生餃子は皮がうすいので、くっつけてならべると、食べるときに皮がやぶれてしまうのです。

熱したフライパンにぎょうざをならべます。熱湯100ccをいれてフタをし、3分間蒸し焼きにします。

3分後、ぎょうざの皮が水を吸ってふくらんでいます。サラダ油大さじ1を回し入れて、ふたたびフタをして2分間中火で蒸し焼きに。

こんがりした羽根ができたら完成です♪作り方が書いてあるから、とっても簡単に羽根つきぎょうざの完成✨️

このパリパリサウンドを聴いたら、あなたも蔵屋生餃子が食べたくな〜る〜♪

蔵屋生餃子は、たべやすい小さめサイズ。パリパリの軽い餃子が好きなひとにオススメです。野菜たっぷりで、女性やお子様にもGood👌

つけダレは、カトレア醤油で有名なフジヨシ醤油のカボス醤油がオススメです。銀座のフグ料亭でも使われる一流の味です。

フジヨシ醤油の一部の商品は、通販でも購入できます。フジヨシ醤油の公式オンラインショップと、楽天市場のおんせん県おおいたオンラインショップです。

“おんせん県おおいたオンラインショップバナー”

楽天市場はポイントがつくのでお得です。しかも送料が無料!!

蔵屋生餃子は、「麺処くらや中津本店」「麺処くらや吉富店」でも販売しています。「蔵屋生餃子」のおおきな看板が目印。中津にきたら、蔵屋生餃子をぜひ食べてみてください。

大分への旅が今ならお得!!

スポンサーリンク

東京⇔大分の空の便は、 ソラシドエアがオススメです!大手航空会社よりリーズナブル。羽田空港の発着です!! 今ならバーゲンセール開催中!詳細は下のバナーをクリック♪
↓↓↓